IgA腎症という病名を聞き慣れないかもしれませんが,日本の慢性腎炎の半数はこの病気なのです。

 IgAとは免疫グロブリン(抗体)Aの略称で、この抗体はのど、気管支、腸などの粘膜を外敵から守っています。

 この障壁が弱いと、粘膜に感染した病原体の一部とIgAが免疫複合体を作って血液中に入り、腎臓に流れ着きます

 一度くっつくと2〜3カ月かけてジワジワと炎症をおこして組織を破壊していきます。このような粘膜感染を繰り返すことで腎臓にはどんどん免疫複合体がたまっていきます。 

 このようにして起こるIgA腎症は20代前半に発病のピークがありますが、10歳以下でも、50歳以上でも発病することがあります。

 必ず顕微鏡的な血尿がみられますが、上気道炎、扁桃炎、腸炎(下痢、腹痛)などで38.0℃を越える高熱を伴うときコーラ色の肉眼的血尿を出すのが特徴的です(急性増悪)。

 急性増悪したときの糸球体には、白血球が集まってきて強い炎症を起こし、腎臓全体が腫れますので、腎臓のあたりに鉛が入っているような腰痛を自覚することがあります。このような急性増悪時には早めに抗生物質を服用し、じっと安静にし、保温、十分な飲水に努めましょう。肉眼的血尿は1〜2日で消え、尿タンパクも1週間くらいで元に戻ります。

 さて、尿タンパクが(±)〜(+)ならあまり心配はないのですが、 (++)以上となると5年、10年と経つうちに腎臓の働きが低下してくることがあります。

 とくに1日尿タンパク量が1.0gを越えている場合には、薬による治療が必要です。できれば、1日尿タンパク量を2〜3カ月ごとに測定して治療効果を判断するのがよいでしょう。

 長期的にみると全体で3割くらいが慢性腎不全に移行しますので、尿検査を必ず定期的に受けて下さい。

 治療には、血小板凝集抑制薬、ACE阻害薬ステロイド薬が有効ですが、血圧の管理、食事療法(食塩7g、カロリー35〜40kcal/体重1kgあたり、蛋白制限0.6〜1.2g/体重1kgあたりも効果的です。しかし、もっとも大切なのは、感染症を予防すること、疲労を残さないこと、かぜをひいたら早めに治療することですね。


もっと詳しくIgA腎症について知りたい方は下の紙芝居をご覧下さい

IgA腎症の発症


くっつくIgA

増殖する細胞

4.



いつまで続くの?

(32KB)

5.



良くなります

(35KB)

順路

Introduction /慢性腎炎/IgA腎症/低蛋白食 /What'sNew


ホームページ.